まつげパーマはまつげを傷ませる

近頃は、まつげにかけるパーマやエクステがあります。毎日ビューラーを使ってカールするよりまつげパーマの方がダメージは少ないと言われています。とはいえ、まつげにダメージを与えることには変わりありません。まつげパーマには特別な資格が必要ないため、美容師などの資格がなくてもパーマができます。まつげパーマの研修さえ店舗で受けたなら、誰でも資格等を必要とせずに施術が可能という言い方も成り立つのです。
美容師のように資格で技術を証明することができないため、まつげパーマを受けるサロンは口コミなどの情報を頼りにして慎重に選んだほうがよいでしょう。まつげパーマを実施しているサロンの広告に他店で失敗したまつげも修復可能というものをよく見かけます。まつげパーマの場合、必ずしも思い描いた通りの理想的なカールになるとは限りません。カールの強度が強すぎて不自然なまつげになってしまったり、パーマ剤があわずまつげがチリチリに傷んでしまったり。パーマがまつげに及ぼしうる影響は必ずしもいいものとは限りません。まつげへの負担はパーマを何度も当てると増えていきますが、パーマの持ちが悪くなった時は再度パーマをかける必要があります。パーマのあてすぎや過度のケアは、まつげのダメージを増す結果になります。太く長いまつげを維持できるよう、適度な手入れが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *