二重まぶた埋没法のメリット

二重まぶたを作る手術は、以前の主流は切開法でした。これは一重の原因となっているまぶたの下層の脂肪を切開して取り出す方法が主です。二重まぶた埋没法は短時間で済ませることができ、1ミリほどの切開なので傷跡も残らないこと、治りも早い点などがメリットです。施術にかける時間はわずか数分という所もありますので、昼休みに済ませてしまえるくらいです。

最新の二重まぶた埋没法では、まぶたを開閉する筋肉と皮膚のほんの一部だけを糸で結びつけるので、糸が皮膚の中に埋まり込んで全く目立たなくなります。目の回りやまぶたの皮膚はとても薄く、特に手術をする粘膜の部分は非常にデリケートです。このため、最近の埋没法では目に負担がかからないように、筋肉と皮膚のほんの一部だけを糸でつなげます。糸はまぶたと筋肉に通すため、眼球に傷がつくといったトラブルは回避することができます。短時間のごく軽い手術なので、施術の次の日から普段と変わりなく通勤や通学が可能です。

化粧や洗顔も二重まぶた埋没法の場合は翌日から可能と言われています。術後の通院も不要で抜糸の必要もありません。なるべく家族や知人に気づかれないように手術を終わらせてしまいたい人も、二重まぶた埋没法なら可能です。二重まぶたのラインに納得がいかなかった場合は、手術をした場所に小さな穴を開けて糸を取り出します。術後の腫れは数日で目立たなくなります。もし思うような形にならなかった場合でも、糸を抜いて元の状態に戻してから、再び埋没法手術を受け直すこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *